生ナマしすぎる!学園姉妹 2 – エロアニメ動画 – DMMアダルト

学園で超有名なアイドル姉妹と、ひとつ屋根の下で暮らす主人公を描くアニメシリーズ第2弾。思い切って亜里沙にモデルになってほしいと頼み、撮影に成功した草介。一方、美加の背後にはあやしげな3人組の姿が…。

★★★★★
Pink Peach Purine


SM大王


そのコレクションから学園ものの制服を押さえこむストーカー。
★★★☆☆

オナニーくん



①85点世界観はダントツでいい。ただ、途中で展開が読めてきてしまったのが惜しい。とはいえ、もしかしたら、双葉(渡辺麻友)が未来を変えられるのではないかと、ドキドキしながら見ることもできた。展開が難しく、「どうなった?」と思った人もいるみたいなので、やはり1時間で収めるにはちょっと盛りだくさんすぎたのかな、とは思います。ただ、声優をやっているだけあって、渡辺麻友の声の演技はよかった。テープに録られた声はさすがだな、と。表情も、マジすかなどを経験してきてかなりよくなっていると思います。トラックを追いかけるシーンの必死な表情、よかったです。②90点何より主演2名の演技がいい。脚本はよくあるタイプではありますが、松井珠理奈、大島優子のキャラクターが生きた配役がよかった。かつ、よくある展開とはいえ、途中まではそういう展開になることを予想させず、「この妹うざいな・・・」と思わせつつ、見返してみたら表情に伏線がたくさんあったと気付かされた、珠理奈の演技は見事でした。最後が説明的になってしまったのが残念。もう少し長い尺のドラマとしてみたかった。③75点脚本としては、最もベタ。だからこそ、いい脚本でもあったと思います。ベタ故に難しかったと思いますが、メンバーがたくさん出ていてそれぞれに光が当たっているため、いいものにはなっていたと思います。「チームドラマ」という意味では、ダントツでいいものでした。学園もののメリットでもありますね。ただ、小嶋陽菜はキャラクターも生かされていてよかったと思いますが、その他生徒役の演技が少々難あり、といったところでしょうか。マジすか3を経験してきたメンバーが多い分、マジすか3当初と比べて成長は感じられましたが、まだまだこれから、という感じはしました。★補足読みました★MVPは松井珠理奈。一番惹かれました。推し補正?とか思いましたが、それ抜きでも珠理奈はよかったと思います。「お姉ちゃん、お姫様みたい・・・」の笑顔には、自然に涙が溢れていました。かつ、以前出演したドラマよりも、かなりよくなっているのも大きいですね。
思いつくものは、■「化物語(2009年)」・西尾維新のライトノベルが原作の萌え系ミステリー&コメディ・21世紀初頭の日本の田舎町を舞台に、阿良々木暦と彼に出会った、化物(怪異)と関わりを持つ少たちが不思議な事件を解決していく物語。高校3年生の少年・暦は、ある日ひょんな事から病弱なクラスメイト・戦場ヶ原ひたぎの秘密を知ってしまう・・・■「世紀末オカルト学院(2010年)」・A-1 Pictures制作のSF学園もの・時はまさに世紀末の1999年。長野市松代の皆神山頂にある私立ヴァルトシュタイン学院では、学長や生徒が日夜オカルト研究に明け暮れており、敷地内では怪奇現象もしばしば起こるので、周辺の人々は「オカルト学院」と呼んだ。■「ヴァンパイア騎士(2008年)」・樋野まつりの少漫画が原作の学園サスペンス・全寮制の私立「黒主学園」には、一般生徒が通う普通科と、エリートで美形揃いの吸血鬼が通う夜間部が存在するが、普通科の生徒は夜間部全員が吸血鬼という事実を知らない・・・■「デュラララ(2010年)」・成田良悟のライトノベルが原作の日常系サスペンス・東京・池袋。そこにはキレた奴らが集う。矢霧製薬と首なしのデュラハン、セルティとセルティの首をめぐる争奪戦。そこに「ダラーズ」、折原臨也、平和島静雄、門田京平、遊馬崎ウォーカー、狩沢絵理華らが絡む。■「ひぐらしのなく頃に」1期(2006年)、2期(2007年)・同人サークルが製作したゲームが原作のサスペンスホラー・寂れた架空の村落、雛見沢村を舞台に、村にまつわる古い因習「綿流し」を軸にして起こる連続怪死・失踪事件を扱った連作式のミステリー





▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


公衆便所で横たわりたくない
※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
主人公の男子が、公衆便所の床に横たわって騎乗位エッチをしているところは、興ざめでした。あんな所に寝転がりたくないなあ。